Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「ざびえる」、なつかしい~
2007年06月27日 (水) | 編集 |
 この前、ダイエーですごく神秘的な箱のお菓子を売ってました。どっかで見たことがあるような、黒がベースで赤の文字…あ~、ざびえるだ。大分って書いてあるからそうだよね。
R0012064.JPG.jpg

 「ざびえる」は、フランシスコ・ザビエルが、日本で初めてキリスト教の布教活動を行ったのが大分だったことから、長久堂が1962年に作ったお菓子で、大分では一番有名なお菓子だと思います。
 でも、長久堂が「ざびえる」の売り上げが落ちているということで、「ざびえる」以外の柱を作ろうといろいろ開発を行うも、失敗し、自己破産してしまったんですね。でも、元従業員の方達が、苦労しながら2001年に「ざびえる本舗」を設立し、「ざびえる」は復活したとTVで観た記憶があります。
R0012067.JPG.jpg

 小さい頃に、大分のお土産にもらったりしてましたが、中身のお菓子よりも箱がすごく好きでした。中にいろいろ大切なものを入れたりしてね。
 そっか、こんなんだったね。中の袋も黒が基調で、6個入ってたんだ。一つ食べてみましょう。うわ~、袋を開けた瞬間に広がるバターの香りがすごいです。
R0012079.JPG.jpg

 うん、サックッしてバターの香りのする皮の中に、白餡がたっぷり入ってて、お口の中でゆっくり溶けていきます。美味しい。確か、いい香りのラムレーズンが入った餡もあったのよね。そっか、これは銀の袋だったから、金の袋の方が、ラムレーズン入りね。
 「ざびえる」は美味しいんだけど、一つ食べるとかなり満足します。なので、金の袋の方は、明日食べましょうかね。

ではデータです。
店名:ざびえる本舗
住所:大分県大分市大分流通業務団地1丁目3-11
TEL:097-524-2167
品名:ざびえる
値段:525円(税込)
評価:4.0

FC2 Blog Rankingに参加中です。c_03.gif


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。