Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 まん天餃子なら、食べれました。
2007年11月13日 (火) | 編集 |
 昨日早く寝たおかげで、朝目が覚めると、んっ、いい感じかも?と思っていましたが、朝ごはんを食べていくうちに、鼻水が出てきて、発声練習をすると、別人の声になってしまってました。
 今日も会社を休みたいところなんだけど、今日やっとかないと困っちゃう用件がいくつかあったので、しかたなしに出ることにしました。ただ、午後までもたない気がしたので、朝は誰よりも早く入って、速攻で仕事をして、午後休にしようとしました。
 会社に着いて、PCを立ち上げ、メールを見ると、17件。そのうち10件は通達文だから、さっと見て削除。残り5件もすぐに判断して転送。残り2件は・・・依頼のメールだわ。ちょっと時間がかかりそうだな。とりあえず、お茶を入れてから考えようかな。
 グレープフルーツの紅茶を入れて、あたしが会社に来た理由の一つの標準の改訂作業にとりかかります。先週の段階で、関係部署へ改訂(案)を送ったけど、どこからも異論が来なかったので、誤字脱字をチェックして、え~い、審査してちょうだいな。
 では、依頼メールの一つ目は、あっ、これはあたしが、この前、Kに調べた方がいいよって、コメントしてあげたメールに、他も部署の方から、「Caさんの提案がありましたが、その後どうなってますか?」とKへの問い合わせのメールだ。あっ、新しいメールが来た。ひえ~、Kからじゃないの。あて先はあたしだけで、「調べる方法があるんでしょうか?」だなんて・・・やっぱKじゃ、無理かな。しかたがない、あたしが調べてあげるから、送ってきていいよ。あ~ん、また仕事が増えた。
 とかなんかしてたら、標準の改訂の審査をしてくださってる方からメールが。「改訂案をしてるところはほとんどいない。調整はついてるのか?」ですって?これから改訂なんだから、やってるところがある訳ないじゃないの。と、ちょっぴりムッとしながらも、穏やかな文章で返信してあげると、審査OK。良かった~。
 と、次のメールは、「この特許の内容が問題になるかどうか分からないから、教えて欲しい?」分からないんなら、問題にならないにすれば?と言いたいところだけど、可哀想だから、よ~く見てあげましょう・・・
 なんて、あたしが居るのを狙い打つかのように依頼のメールが次々と来ちゃいます。午後帰るつもりだったから、昼ごはん食べるつもりはなかったけど・・・結局夕飯も食べることなく1時間残業しちゃったじゃないの。
 明日は休むかも?と捨て台詞を残し、咳と鼻水と微熱のあたしはようやく横浜に到着しました。
 食欲ないな~。でも食べなかったら、倒れちゃうかも?と思いながらザ・ダイヤモンド地下街を歩いていると、まん天餃子のカウンターに空があります。隣はお姉さんだ。餃子なら食べれるかも?
R0014934.JPG.jpg

 普通ならば、まん天餃子二列(5個×2)にするところだけど、今日は一列。代わりにライスをちょうだいね。
 5分後、出てきました。では、いただきま~す。あっ~、アツツ~。小さいと思って油断してました。焼きたてで、餡は野菜中心だから、熱いの。良かったかみ切らなくて・・・。では、用心しながら、ゆっくりいただくと、う~ん、美味しいわ。ニンニクがちょっぴり効いてるからかな、なんだかちょっぴり元気が出てきた気がします。
 今日は餃子5個しか食べれなかったけど、次は10個食べれるようにならないとね。

ではデータです。
店名:まん天餃子横浜店
住所:横浜市西区南幸1-4-B1 ザ・ダイヤモンドDエリア
TEL:045-311-4303
料理名:まん天餃子、ライス(小)
値段:260円、140円(税込)
評価:4.3
[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。