Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 オハラのプリン、もっと食べたいよう。
2007年11月14日 (水) | 編集 |
 昨日の会社を出るときの捨て台詞と裏腹に、朝起きると、お鼻がつまっているものの、気分はかなり良くなっていました。これもみなさんの温かいコメントが効いたのかな。ありがとうございます。
 さて、今日は一つアクシデントがあったものの、それなりに仕事は進んで、早めに帰ることにしました。
 ダイエーでオハラのプリンを買ってたので、それを食べたかったのでね。
R0014913.JPG.jpg

 長い名前が良いか悪いかは分からないけど、長い名前は、作り手のこだわりを感じさせてくれます。
R0014921.JPG.jpg

 ふたを取ってみると、カラメルの袋が入ってました。しかもどちらにも。かぼちゃプリンにカラメルは珍しいかも。あっ、上の写真と左右が替わっちゃってますね。
R0014932.JPG.jpg

 よく分からないけど、カラメルをかけてみました。う~ん、見た目もどちらか分からなくなってしまいました。
 では、渚の卵のとろけるプリンからいただきましょう。アッ、このプリン、お口に入った瞬間に、美味しい~って思っちゃうプリンです。でも、表現をするのが難しいです。とろける食感は心地よく、な~んにもまじりっけのない素材の味?(多分卵なんでしょうが)のいいところだけが出ているようなプリントでも言うんでしょうか、すごいです。カラメルは苦すぎず、甘すぎず、プリンにちょぴりアクセントを入れているだけなんだけど、あった方がはるかに美味しいです。
 次は能登半島のかぼちゃプリン。ちょっと心配だな。エッ、かぼちゃだわ。それもホクホクです。何でだろう、かぼちゃがいいからだろうか?かぼちゃを全部使ってるみたいなんだけど、かぼちゃ特有の青臭さが全く感じられません。まさにかぼちゃの美味しいところだけ?しか感じられませんね~。カラメルは同じみたいなんだけど、かけた方がずっと味に深みが出ます。
 どちらのプリンも、一生懸命食べたくなるような、そんな不思議なプリンです。しかも多分、あと二個あっても食べちゃうかも?って思えるすてきなプリンでした。すごいな~。

ではデータです。
店名:オハラ
住所:石川県河北郡津幡町字太田ヘ35
TEL:0120-44-5289
品名:渚の卵のとろけるプリン、能登半島のかぼちゃプリン
値段:各288円(税込、本当は290円?)
評価:4.6
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。