Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 松山の立ち食いうどんも美味しいんですよ、かけはし
2008年02月25日 (月) | 編集 |
 あたしの風邪はお布団に入ってから咳と痰が出始めて、なかなか眠れず、連続して2時間眠れればいい方という状態が続いてました。
 するとお母さん、ちょっと待ってなさいよと、長目の手ぬぐいを探してきて、あたしの首に巻いて縛りはじめました。クッ、苦しい~。あたしが悪かったわ、許して・・・。
 お母さん曰く、咳と痰は喉を冷やすからいけないこと。「手ぬぐいで喉を保護し、さらに寝るときは毛布を首まで被って寝ればいいのよ。」、と教えてくれました。
 ホント?と思いながら寝てみましてが、目が覚めることなく8時間、ゆっくり寝ることができました。ありがとうお母さん。
 今日は横浜に帰る日。実家から歩いて10分のバス停に向かうと、実家にあった時刻表が古くて、次のバスは1時間後になってました。しかたないね。1時間待つわと、待合室に座っていると、お母さんがやってきました。健康のために歩いてるんだとか?事情を話すと、村から出て行く知り合いの車を見つけて、あたしを宇和島まで乗せてくれるように交渉してくれました。ありがとうお母さん、おかげで早く着いたわ。載せてくださった方、どうもありがとうございました。
 おかげで、宇和島からの汽車も待ち時間2分で乗ることができ、お昼前には松山に到着することができました。
 JR松山駅では、いつも食べてる立ち食いうどんのお店へ。そして注文するのはじゃこ天うどん。
R0010252.jpg

 じゃこ天とは、宇和島の方で、作られる魚のすり身を揚げたもの。よくさつま揚げと混同されますが、似ているのは形だけで、味も食感も色も全て違います。じゃこ天は、魚を骨ごとすり潰して揚げているので、歯応えが違うんですね~。あたしの実家の方では”てんぷら”と呼ばれてました。なので、あたしも中学になるまで、てんぷら定食を知りませんでした。
 で、出てきたじゃこ天うどんは、期待を裏切ることなく、お出汁にじゃこ天の美味しさが溶け出しててめちゃめちゃ美味しい。それでいてじゃこ天は、歯応えを残しながらもフワッとしてて、かむと美味しいお味がお口いっぱいに広がって、たまりません。おうどんもモチッとしてて、たまんないな~。元気がいいときには、いつも二杯食べるんだけど、きょうはおとなしく一杯だけ。もうお汁も全部、飲み干しちゃいました。
 ふ~、こちそう様。

ではで~たです。
店名:かけはし
住所:愛媛県松山市南江戸1-14-1
TEL:089-945-9850
品名:じゃこ天うどん
値段:390円
評価:4.3
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。