Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 パンジー、ビオラ、まだまだ天気です。
2008年04月05日 (土) | 編集 |
 桜の花吹雪、すごいですね。桜並木を車で走っていると、フロントガラスに花びらがいくつも降り注いでいます。もう完全に春です。
 春のお花はいろいろありますが、パンジーとビオラは、この季節最盛期を迎えています。あたしのお家の庭でもきれいなお花をいっぱいつけてくれてます。
R0010812.jpg

 オレンジのパンジーは、周りを明るくしてくれてくれると同時に、温かい気持ちにさせてくれます。あたしの好きなみかんの色ですものね。
R0011231.jpg

 紫と白のビーコン、このお花も好きです。このお花ばかりだと寒々しい感じになっちゃいますが、オレンジや黄色の中に一つ入れてあげると、全体がうまくまとまった色になります。真ん中が黄色なのがまた可愛いです。パンダを連想しちゃうのはあたしだけ?
R0011226.jpg

 こちらは一転、トラ柄です。この鉢を一つ置いただけでもかなり存在感があります。でもよく見るとフリルの花びらで、可愛いんですよ。
R0010804.jpg

 青紫のビオラです。ビオラは小型のパンジーで、学名は同じです。つまり同じ仲間いやいや、家族なんです。なので、交配も自由にできます。
 ビオラの方がパンジーよりもお花が小さい分、お花をたくさんつけてくれて、可愛いです。
R0010846.jpg

 こちらはイエロー。今年もこんもりお花をつけてくれました。とても見応えがあります。
 パンジー、ビオラは、花がら摘みと水やりをうまくしてあげれば、気温が20℃を越えるまでは元気で、お花をどんどん咲かせてくれます。水やりで失敗している人は、やりすぎか、やるタイミングが悪いことが多いみたいです。水やりは朝にたっぷりあげて、夜にはほぼ乾いているのが理想です。これは、病気や害虫が活動するのは夜の方が多いのと、植物は水があると成長するのですが、夜は光がないので、徒長しやすくなりますからね。
 パンジーの花言葉は、可愛い言葉がいろいろありますが、「私を思ってください」が特に好きです。
 欧州では、「パンジーの花を身につけていると異性の愛情が得られる」とされてるらしいです。う~ん、あたしも明日からお花をしのばせておこうかな。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。