Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 青いお星様です、ネモフィラ
2008年04月20日 (日) | 編集 |
 今日は暖かい日でしたね。快晴とはいわないまでも薄日が差して、絶好のガーデニング日和です。
 あたしのお家の広大な?お庭は、すくすくと育っているお花たちでいっぱいで、動くのもけっこう気を使います。しかも暖かくなってきたので、アブラムシがつき始めました。オルトランを蒔きたいところだけど、ミツバチがひんぱんにやってきてるので、ちょっと我慢してます。午後になって、ミツバチが来なくなったときを見計らい、キンチョールを遠くから吹いてます。キンチョールは強力な殺虫剤ですが、残留しないので、ミツバチにも優しいのです。
 ミツバチに一番人気なのは、ネモフィラです。かなりきれいに咲いてくれてます。
R0011537.jpg

 ネモフィラは、株がすごく広くなるのですが、地下から出ている茎は一本だけしかありません。しかもその茎は強くはないので、春先の強風で、株が引きちぎられることが多くて、いままだうまく育てることができませんでした。今年は風が一番弱い場所に置いてあげたので、きれいな株になってくれました。
R0011547.jpg

 風意外で今年注意したのは、鉢を大きくしなかったこと。この鉢は5号(直径15cm)しかありません。ネモフィラは夜、鉢が湿ってると徒長し、ダラ~とした株になりやすいのです。なので、朝にあげたお水が、ちょうど夜にはきれるくらいになるようにしてるのです。ただ、お水を忘れちゃうと、すぐにクシャンとなっちゃいますけどね。
 ネモフィラを最初に見たとき、青いお星様を連想しちゃいました。クールなんだけど、なぜか笑顔になっちゃうんですよね~。お星様の絵って、ネモフィラのお花みたいじゃなかったかな。
 ネモフィラの花言葉は「可憐」。もうちょっとだけど、可憐なお花をいっぱい咲かせてちょうだいね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。