Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 やっと買えたすごいゼリーです、飯島商店
2008年05月21日 (水) | 編集 |
 昨日まで京急百貨店で開催されていた、「大信州展」で、ようやく買えたゼリーがありました。
 三年前の「大信州展」で、お一つ試食をどうぞと、1cm角のゼリーをいただいたとき、あまりの美味しさに感動して、お一つくださいと言ったら、売り切れですとのお答え。あ~ん、何のために試食させるのよう?
 翌日にも入りますからと、翌日行っても売り切れ・・・。二年前も、お店を覗くと売り切れ、去年も売り切れと、あたしの中では、完全に幻のゼリーとなってました。
 それが運良く、残り三つのところで未開封のゼリーを発見。すかさずぶどうと杏の生ゼリーをゲットしました。
R0012291.jpg

 ゼリーは、紙の箱に入れられ、竹の皮に包まれています。とてもゼリーには見えません。
R0012302.jpg

 ぶどうのゼリーです。出してみると、まるで羊羹です。やっぱりゼリーらしくないですね~。
R0012311.jpg

 切ってお皿にのせてみました。ますます羊羹に近づいてきました。
 ちょっぴり切って、お口に入れると・・・、すごい、ゼリーがお口の中で小さく砕けて、ぶどうの甘さが広がってきます。ちょっと大きめにして食べると、あ~ん、なんて美味しいんでしょう。ぶどうの瑞々しさが広がってきます。
 原料は果汁と寒天と砂糖だけみたいね。砂糖の使い方が絶妙で、100%の果汁の酸っぱいところを、うまく砂糖が補ってるのかな?でも、とっても自然で、違和感は全くありません。多分、お砂糖がないと、ここまでの美味しさにはならないかもね。
R0012327.jpg

 こちらは杏です。うわ~、こちらもすごいです。杏のいいとこばかりが出ているゼリーで、これもたまらない美味しさです。もうどんだけでも食べれそう。
 いつも午前中に売り切れるわけだわ。こんなに美味しいんだものね。一度食べたらまた食べたくなっちゃうもの。今回は、ジャムの方にお客さんがいっぱい集まってて、ゼリーがちょっとノーマーク気味になってたのが幸いしたみたいです。三年越しの生ゼリー、たいへん美味しゅうございました。

ではで~たです。
店名:飯島商店
住所:長野県上田市中央1-1-21
TEL:0268-23-2150
品名:ぶどうの生ゼリー、杏の生ゼリー
値段:各441円(税込)
評価:4.5
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。