Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 5月に入って、楽しいです。
2008年05月24日 (土) | 編集 |
 5月に入って、なかなか楽しい日々を送っています。仕事もプライベートも82点ってところでしょうか。100点を狙おうと思えばできなくはないけど、無理をして息切れしてはどうにもなりません。
 どなたかにコメントしたことがありますが、100点を一つ、一生懸命狙うよりも、80点をいくつも狙った方がずっといいです。(ただ、人によって、80点の定義が違っちゃうんですけどね。)
 あたしが大学の頃は、100~80点が優でした。つまり、80点以上は、100点と同じなんです。また79~65点が良、65~60が可、59以下が不可でした。当然、不可は単位がもらえず、それ以外は単位がもらえました。単位をもらうだけなら、60点で十分なんです。
 学生の頃、問題(課題)には必ず正解があり、その正解を先生は知ってて、正解に導いてくれるものと思っていました。
 でも、大学のゼミで卒論研究をしていくと、教授に聞いても分からないことがいっぱいあって・・・、世の中で分かっていることはごく一部で、分からないことの方がむしろ多いことに気がつきました。
 会社に入ると、その思いはとても強くなりました。上司に正解を聞いても、分からないし、たとえ正解を教えてくれても、長い目で見たら、それが正解じゃないこともいくつもありました。また、正解は時と場合によって変っちゃうことも多いんですよね~。
田辺222

 一緒に仕事をしているKmが、思った通りの結果が出ず、落ち込んでいることがありました。あたしは、
「おもしろいじゃないの。
いい、思った通りの結果が簡単に出ちゃうんだったら、その仕事はあなたがすることもないわ。元気のいい人はいくらでもいるんだから、その人達にしてもらえばいいこと。
Kmは、この分野では社内でトップの技術者になっちゃったの。だから、Kmができないことは、他の人も多分できないよ。
今やってる仕事は、過去10年以上、多くの人がトライしてみんな挫折してたものなの。なので、Kmとあたしができなくても、誰も責めたりしないわ。
でもあたしが思うに、Kmが出した結果の中に、ヒントが隠されている気がする。他の方向から結果を見ないといけないかもしれないし、あたし達が思ってた前提が根本的に間違ってたのかもしれない。そのヒントを探しましょうよ。」
 すごく重要なヒントを見つけ出しました。
 来週からのお仕事が、すごく楽しみです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。