Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 上海「馬家」家庭料理、ボリューム満点です。
2008年11月22日 (土) | 編集 |
 三連休初日、美味しいものを食べに行こうと、Mと二人、中華街に繰り出しました~。
 中華街はけっこう混んでて、なじみのお店はどこもいっぱい。う~ん、困ったどうしようと歩いていると、市場通りに馬さんの新しいお店を見つけました。馬さんのお店には、入ったことがなかったので、入ることにしました。
 お店の中は明るくて温か。お家に帰ってきたみたいですね。ランチ二つと点心を二つオーダー。
R0018209.jpg
 出てきたランチを見て、ちょっとビックリ。メインのキクラゲ野菜と玉子炒めの量は普通かな~って思うけど、スープの器が大きいの。中にワンタンが入ってるのかな?とにかく大きい。ご飯のお茶碗も大きいよう。
R0018216.jpg
 スープのお味はかなりいいです。どんどんいけちゃいます。ワンタンがまたツルッとしてて美味しいの。でも、大きいからレンゲにのせるのが一苦労です。量が普通のスープよりもずいぶん多いので、これだけでもお腹いっぱいになりそうです。
R0018214.jpg
 キクラゲ野菜と玉子炒めは、あたしの想像してたのとちょっと違って、旨煮ですね。しっかりとした味の中に、それぞれの食材の美味しさが活かされてますね。
R0018219.jpg
 こちらは鶏肉の香り炒め。見た目は酢豚の鶏肉版みたいな感じですね。でも、辛いんです。食べてからしばらくして辛さが来ます。タマネギやピーマンは、それほど火を通してなく、生タマネギ独特の辛味や、ピーマンの味が残ってます。でも、この辛さのあるあんが絡むことで、タマネギやピーマンが美味しくなるんだな~。
R0018221.jpg
 馬い餃子が出てきました。一つ一つはコロッとしてますが、つながってます。羽根付きとは・・・、ちょっと違うかな。
R0018224.jpg
 こちらは反対側から見たもの。恐竜の背骨みたい。黄色いソースは何だろうとなめて見ると、カレー味です。カレーのソースって珍しいですね。
 一ついただくと、具は少ないのですが、代わりにスープが入ってます。皮が厚くて思いっきりモチモチなので、これだけでかなり満足しますね~。
R0018228.jpg
 双喜焼売です。海老ののった焼売は、中の具がパンパンで、お口の中でお肉の旨みがドド~ンと広がってきます。すご~く美味しいです。
 もう一つの焼売は、中は餅米?まるで粽みたいですね。おもしろ~い。
R0018230.jpg
 フ~、もうお腹いっぱいで、入らないよう。あっ、でも杏仁豆腐は食べれるかな。

ではで~たです。
店名:馬さんの店 龍仙 市場館
住所:横浜市中区山下町148
TEL:045-681-2883
品名:ランチ(キクラゲ野菜と卵炒め、鶏肉の香り炒め)、馬い餃子、双喜焼売
値段:600円、600円、525円、525円(税込)
評価:4.1
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。