Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ひとくち菓子の家
2009年04月18日 (土) | 編集 |
 今日はいい天気でした。おかげでお庭のお手入れがいっぱいできました。
 初夏のお花達が大きくなってきて、すごい状態です。代わりに、冬のお花はタネをセッセとつけはじめて、終わる準備に入っちゃったみたいですね。
 大きな麦わら帽子をかぶって、花がら摘みや水肥をあげたり、土の再生と、いっぱいお仕事ができました。でも疲れた~。
R0020390.jpg
 三時のおやつに、前に買ってたメゾン・ド・プティ・フールのお菓子をいただきました。
 メゾン・ド・プティ・フールは、日本を代表する焼き菓子のパティシエ、西野さんのお店。大田区に三店舗ありますが、あたしが行くのは長原店です。焼き菓子やパン、そしてこちらにはケーキもいっぱいあって、いつも何にしようか迷っちゃいます。
 プティ・フール・セックは、他にもいっぱい種類があって、この三つを選ぶだけでも大変でした。
R0020392.jpg
 あっ、アッサムがはいったみたいなので、いただきましょう。
 うんうん、サクッとしたパイ?に、ナッツが散りばめられていて、とても美味しいです。甘すぎず、上品な甘さで、お茶にとてもよく合います。
R0021045.jpg
 こちらはココナッツがたっぷりついたクッキー、こちらも美味しいですよ~。サクサクした食感と、お口いっぱいに広がる香りと美味しさがたまりません。やっぱりこのクッキーもお茶にあうのよね~。
R0021043.jpg
 最後はツツの中に、チョコクリームが入って、入り口にはスライスしたたっぷりのアーモンドでふたをしています。すごく美味しくて、お口に入れた後、味も食感も次々変わっていってとてもおもしろいです。美味しい~と思った後、お茶を飲み、知らないうちにまた食べちゃってるの。すご~い。
 メゾン・ド・プティ・フールって、日本語で”ひとくち菓子の家”っていう意味だそうです。小さなひとくち菓子ですが、食べる人を幸せにしてくれる、すてきなひとくち菓子がたくさんあるお家、また行かなきゃね。

ではで~たです。
店名:メゾン・ド・プティ・フール長原店
住所:東京都大田区上池台1-10-5 プルミエール長原 1F
品名:プティ・フール・セック(個々の名前、忘れちゃいました。)
値段:三つで1350円(税込)
評価:4.4

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。