Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 慣性の法則について
2007年10月07日 (日) | 編集 |
 物理の法則の一つに、「慣性の法則」っていうのがあります。
 この法則は、
①静止しているものは、力を加えなければ動かない。(静止し続ける。)
②動いているものに力が加えられなければ、同じ速度で動き続ける。
という法則です。

 この法則を聞いたのは、中学?いや高校かな。最初の①を聞いたときはあたりまえじゃないのって思いましたが、②を聞いて、へ~そうなんだって、ちょっとビックリしました。

 慣性の法則を聞いたとき、あたしは逆のことに直ぐに気がつきました。それは、
①’動き出すためには、力が必要。
②’動き出せば、マイナスの力がかからない限り動き続ける。
というもの。

 これは物理の中でだけではないぞ、生活の中でも同じじゃないの。
 あたしは、新しいことに対しては、非常に慎重で、ぎりぎりまで手を着けません。できればそれが無くなってくれないかなって、心の片隅で思ってるのかも。で、しぶしぶと行動を起こすのですが、それを軌道に乗せるのはかなり大変です。

 でも動き始めたら、確かに動き続けてくれます。習慣になったりしたら、全然苦にならなくなります。これも慣性の法則なんでしょうね。

 放りっぱなしの仕事がいくつかあるから、少し動かし始めちゃいましょうかね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いつもツマがお世話になっております。
オット、こと、to-ruです。

慣性の法則。
ほんとにその通りですね。
僕も、新しいこと対して、なかなか手を付けないたちなので、
今回の記事にはとても共感を覚えました。

ところで、慣性の法則は、仕事だけじゃなく、人生にも適用出来るようですよ。
つまり、人生加速中で、勢いのある者は、
まるで後方に引っ張られているかのように、
顔を上げ、背筋を伸ばし、胸をはっている。
逆に、減速中で勢いの無い者は、
つんのめるような姿勢で、足許に視線を落とし、
背中を丸め、肩を落としている。
……何かの本で読んだ記憶があります。
新しいお仕事、頑張ってくださいね。
2007/10/14(日) 17:50:01 | URL | to-ru #-[ 編集]
☆to-ruさん、
あたしこそ、奥様にはお世話になっています。

物理法則、化学法則の多くは、人生にも当てはまるものが多いですよね。
慣性の法則をうまく利用して、胸を張って歩いて行きま~す。
2007/10/14(日) 22:38:34 | URL | Ca #MDMkRtpI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。