Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 湯河原のたんたんたぬきの坦々やきそば、昇龍
2009年03月12日 (木) | 編集 |
 今日は久々の快晴です。良かった~。
 ゆっくり温泉につかって、日頃の疲れをとろうと、湯河原へ車で出かけました。
 あたしの日頃の行いがいいからよね、いい天気だし、渋滞も平塚のところで10分ぐらいだけだったしね。10時にお家を出たんですが、11時30分には湯河原に入ってました。道が空いてたら、やっぱり近いよね。
 湯河原は東海道線や、車で通過はするけど、どんなところか全然知らないところ。ああ、ツルネン マルテイ(Tsurunen Marutei)参議院議員が、前に湯河原町議会議員だったのよね。ずいぶん前に、東海道線で横浜に帰るとき、湯河原からツルネン議員が電車に乗ってこらえれたのを覚えてますよ。
 さて、湯河原でのお昼は、坦々焼そばに決めてました。坦々焼そばは、湯河原がご当地味覚として、売り出したメニューです。湯河原には、たぬきが見つけた温泉があるそうで、そのたぬきにあやかり、たんたんたぬきの坦々やきそば(坦々やきそば)を湯河原が考案したそうです。
 坦々やきそばは、共通のソースを使う以外は、制約がないそうで、お店によってずいぶん味が違うそうなんです。
 あたしは車で来たので、駐車場があること。木曜日のお昼に営業しているお店ということで、昇龍にしてみました。
 オーダーはもちろんたんたん焼きそば。Mが炒飯もたべたいってことなので、チャーハンもね。
R0020526.jpg
 最初にチャーハンからでてきました。中華街で炒飯はデザートの前と決まってますが、日本人はご飯があった方がなんか落ち着くから、先に出てきてくれて嬉しかったです。
 アハッ、スープが二人分だ。一つサービスしてくれたのね。
R0020528.jpg
 パラッと感のない炒飯だけど、大丈夫だろうか?と一口食べてみると、おっ、美味しい。この味は叉焼からでてるんだろうか?それと、香ばしいオイルがいい感じです。
 少ししっとりしたチャーハン、食べ進むに従い、美味しさがどんどん増してきます。このチャーハン、気に入っちゃたわ。
R0020532.jpg
 さ~、たんたん焼そばが出てきました・・・。焼そばはどこ?すごっ、あんかけの下に、少し太めの麺が少し炒められてやきそばがありました。
 味はどうなのよ。オッ、何だ?アッ、後から辛さがきます。ソースのせいかな?不思議なと言うか、今まで食べたことのないお味です。
 炒められた麺の食感と、あんかけのバランスが良くて、美味しのは間違いないんだけど、どう美味しいってうまく言えないの。何の味に似てるとか、分からないんだもの。
 ま~いいか、美味しいんだからね。このちょっとピリ辛な感じが食欲を誘ってくれるから、ボリュームがけっこうあるけど、どんどん食べちゃうわね。
 たんたんたぬきの坦々焼そば、B級グルメグランプリをとれるよう頑張ってちょうだいね。

ではで~たです。
店名:昇龍
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町中央5-14-2
TEL:0465-64-2520
品名:たんたん焼そば、チャーハン
値段:900円、700円(税込)
評価:4.2

昇龍 (中華料理 / 湯河原、真鶴)
★★★★ 4.0

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。