Caさんとオカシな仲間たちの美味しいエッセイ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 七福札幌本店の釜蒸し もっち
2009年05月04日 (月) | 編集 |
 横須賀さいか屋の北海道展は、まだまだ続きます。
 七福札幌本店は以前、ねじり大福をいただいてますが、釜蒸し もっちっていう不思議なお菓子を見つけました。
R0021952.jpg
 釜蒸し もっちは、北海道産100%の米粉を蒸しあげて作った生地に、クリームをサンドしているとのこと。なかなかおもしろいですね。種類もいろいろあるので、今回は四つ購入です。冷凍で買ったので、今日、冷蔵庫で解凍していただきです。
R0021977.jpg
 まずはナイヤガラから。ナイヤガラって何だろう?ってお店の方に伺うと、北海道のブドウにナイヤガラ種ってのがあって、そのナイヤガラ種から作った白ワインが入っているそうです。
 確かにワインの香りがほんのりしますね。生地が米粉だからでしょうね、口溶けが良くて、あっと言う間に溶けていきます。クリームも滑らかで、美味しいですね~。 
R0021963.jpg
 こちらは十勝小豆。これは和菓子ですね。上品な甘さの小豆がいいですね~。クリームと言うよりも餡子って言ってもいいかな?蒸しパンとも違う、モチッとした食感で、美味しいです。
R0021967.jpg
 こちらは抹茶。見た目から抹茶ですが、味の方も抹茶です。生地にも、クリームにも抹茶が入ってて、全体が抹茶です。
 上品な抹茶は、ほんのりとした苦味と、とてもよい香りです。この抹茶は当たりです。
R0021969.jpg
 ラストはプレーン。オッ、これは洋菓子かも?クリームが何だろう?コクがあるのよね~。生地との相性がすごく良くて、プレーンが一番好きです。
 もっち全体に言えるんだけど、フォークで切るときには、クリームが少し固めなんだけど、お口に入れるとすぐに、滑らかに、美味しく溶けていくのがおもしろいですね。それとモチッとしてるのに、美味しく溶けていく生地、新感覚で美味しかったです。ごちそう様。

ではで~たです。
店名:七福札幌本店
住所:札幌市豊平区月寒東5条6丁目2-19(東北通り)
TEL:011-858-1212
品名:釜蒸し もっち(プレーン、ナイヤガラ、抹茶、十勝小倉)
値段:各158円(税込)
評価:4.2
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。